障がい者の方に向けて

私の人生目的は、片耳に障がいを持って生まれたからこその、自分の存在意義を感じられる生き方をすること、それはすなわち健常者と障がい者の垣根を取り払い、両者の橋渡しをするべく、障がい者にも優しい社会を実現することであります。

 障がいは個性であり、同様にコンプレックスをもった方々が引け目を感じることなく健常者と同様のサービスを受けうる社会を実現することです。

そのためには、手話や点字をも学び身につけ、障がい者も健常者同様、気軽に相談できるよう『法務のバリアフリー化』を目指すこと。まずは、その取り掛かりとして、現在地域の手話サークルに所属して、手話を勉強中です。

しかし、他方残念ながら、そうした福祉意識を持つ法律家はまだまだ足りません。そうした危機的状況を打破するべく、こうした福祉活動が一定の力を持 つために、志を共有できる人材の育成をはかること、そのためには、講師という手段を使って、法律家の卵を指導して、福祉にも明るい身近な町の法律家を育て 全国に輩出することも有益と考えておりますので、今後また機会があれば、そうした人材育成の分野にも力を注ぎたいと思っています。

また、聾(ろう)学校にて、学校を卒業したあと将来世間の荒波の中で生き抜いていくための身を守る術、トラブルに巻き込まれないような対処方法など をレクチャーし、合わせて『人は生まれながらに尊い貴重な存在である』という人権論を是非障がい者の方々のためにお話したいとの情熱をご理解頂き、そうし た場を与えていただくオファーを、聾学校の先生から頂きましたので、近々講演活動を開始いたします。

こうした活動を地道に続けいくことで、蒔いた種がやがて大きくなり花咲くように、また放流した鮭が海を渡り、成長してまた同じ川に戻ってくるよう に、いつの日にか福祉の駆け込み寺ともいうべき、障がい者が気軽に集える『福祉サポートセンター』の設立に繋がっていくものと信じています。 

困ったときはお気軽に、

いつも貴方のそばにいます。

行政書士 紅谷 弘二

最新情報

ブログ

埼玉県さいたま市

【紅谷行政書士事務所】

相続・遺言,無料相談

埼玉、大宮、さいたま新都心の街の法律家

紅谷弘二 Kouji Beniya

048-641-8853

紅谷行政書士事務所が紹介されています!