遺言・相続

相続

相続は、突然に訪れる、しかし誰しもが経験する人生の出来事です。しかし、本来配偶者や子孫のために残こして頂いた財産が原因で、骨肉の争いを生み、遺恨となるのは、残念なことですね。

幸福の種からを不幸の花を咲かせないように『予防法務』の観点から、裁判による一刀両断の解決でなく、遺産分割協議書作成のプロが相続人全員の合意形成を前提に紛争を円満に解決する方法を、ご提案、実践させていただきます。

銀行手続き・不動産の移転手続き、税務処理等の煩わしい遺産執行を(必要に応じて提携の弁護士、司法書士、税理士と協力しつつ)スムーズにトータルコーディネートいたします。
相続処理のエキスパート、信頼と安心の称号である『相続法務指導員』に迅速かつ丁寧で確かな手続きを是非お任せ下さい。

遺言

遺言は、相続を争族にしないための転ばぬ先の杖であり、子孫への安心の贈り物。『予防法務』の観点から、遺言業務は相続紛争予防の切り札として、当 事務所では特に力を入れている業務です。遺言を残そうとした者にしか解らない孤独を共有し、納得行く遺言書完成まで支援する『とことんサポート』、身寄り 無き方には、葬式の手配までする『とことんアフターフォロー』、そしてご遺志を確実に実行する『安心遺言執行』を、責任を持って行います。
当事務所で遺言を残せば、死後の不安が解消され、ストレスがなくなって長生きできるはずです。遺言は『長生きするために』行うものです。 また、『法務のバリアフリー化』の観点から、障がいを抱えたお子様を育てる親御さんのために、「大切な子を残しては死ねない」という尊い愛情とそれに伴う憂いや心配事を共有し、お子様が将来安心して暮らせるための親の真心を遺言で具体化してはいかがでしょうか?
遺言は、死ぬ間際の作業ではなく、予防法務の観点からは、40歳を越えた方なら誰でも遺言作成を考えるべき事柄です。
私も40歳を期に愛する家族への遺言を書きました。

困ったときはお気軽に、

いつも貴方のそばにいます。

行政書士 紅谷 弘二

最新情報

ブログ

埼玉県さいたま市

【紅谷行政書士事務所】

相続・遺言,無料相談

埼玉、大宮、さいたま新都心の街の法律家

紅谷弘二 Kouji Beniya

048-641-8853

紅谷行政書士事務所が紹介されています!