福祉作業所との交流

私の事務所は、『予防法務』とともに『法務のバリアフリー化』を柱にして、福祉事業にも力を入れております。

 鎌倉にあるeライフサポート(ワーカービー、サンタハウス)という福祉作業を行うNPO法人と提携を汲みながら、100枚950円という破格のお値段で点字名刺を普及させるために、日々広報活動にもいそしんでおります。

 また、杉並区のある、失語症の方々を受け入れて、パソコンを使ったはがきやカレンダーの作成業務を行うNPO法人パソコン工房ゆずりはの方々とはご縁を頂き、障害者自立支援法に基づく継続就労B型の指定作業所の申請のお手伝いをしながら、福祉のいろいろなあり方を学んでいます。

 そして、大宮にあるNPO法人さくらには、県議会議員の高木マリ先生からのご縁を頂き、埼玉県行政書士会大宮支部広報部の封緘作業をアウトソーシングして、作業の効率化と経費の削減、そして何よりも地域の社会貢献に一役買うことができました。

 これらの活動を通じて、福祉作業所の現状を把握するとともに、実際に作業を見学して今後の福祉あり方を現場で体験し肌で感じながら、多くの学びを得ています。

 ここで得た経験を活かして、市や県の福祉事業に対して多くの提言もしていきたいし、福祉に強い大宮の街を形成すべく、行政書士会大宮支部においても啓蒙活動を展開していきたいです。

 2011年10月22日から私が代表を務める『さいたまパパ・スクール』(さいたま市マッチングファンド助成金事業)においては、第三回のセミナーにて『福祉と子育て』の側面から、小児医療センターにお勤めの言語聴覚士の先生にご講演頂き、障害を抱えたお子さんをどのように社会の中で生きて行ける子に育てるか?という現場の悩みや経験をお話頂きます。この魂の事業を通じて、普段福祉のことなど全く気にかけていない方々にも、身近に福祉を感じて頂けると信じています。

福祉をもっと身近に!障害者と健常者の架け橋となり、それぞれの個性を活かしながら、共存していく社会の実現という、高く強い志を持ち続けながら、今後も頑張っていきます!

困ったときはお気軽に、

いつも貴方のそばにいます。

行政書士 紅谷 弘二

最新情報

ブログ

埼玉県さいたま市

【紅谷行政書士事務所】

相続・遺言,無料相談

埼玉、大宮、さいたま新都心の街の法律家

紅谷弘二 Kouji Beniya

048-641-8853

紅谷行政書士事務所が紹介されています!